過去を振り返り、未来を担う力を育てる

ヨゼフ神父のエッセイ

  • HOME »
  • ヨゼフ神父のエッセイ

MADONNA DEI NODI

この言葉は、2018年9月12日にパパ・フランチェスコに特別謁見した際に、私からパパにお伝えした言葉です。

私は、ローマへ行けなかったので、この会の仲間に託して、パパにお伝え致しました。

パパは、昔からこの言葉を大事にされています。

この言葉の日本語は、「結び目を解く聖母マリア」でして、結び目である”しがらみ”を信心と共感から解き放し、光を得る象徴としてマリアが描かれています。

皆さんも、しがらみがたくさんあると思いますが、信心と共感で解き放ってください。


There is more happiness in giving than receiving.

この言葉は、今の時代に生きる皆さんに、是非知っていただきたいです。

何かを貰うことや、他人にやってもらうこと、人に愛されることばかり求めていませんか?

日本語で言いますと、「何かを貰う喜びより、何かを与える喜びが、幸いである。」ですね。

考えてみてください!


Dio Ti Ama !!

いま、私たちは、1586年にバチカン市国より出版された『日本使者 ローマ到着よりリスボン出発に至るまでの物語』(グィード・グワルティエリ著)の口語体翻訳をしています!!

昔は、ほとんど羊皮紙なのに、この本は、すべて紙で出来ているのに、おどろいています!

なぜなら、当時、紙は、とても高価な物だったからです。

その証拠に、この本は、

世界に200冊しかなく、縦15cm 横10cmしかない小さな本に、びっちり文字が書かれています。

つまり、1頁の中に、隙間なく、文字がびっしり詰まって書かれています。

 

マンショ達四少年が、ローマ市民権と金伯車騎士の称号をプレゼントされた時の許可状は、手のひら程の金印が押された羊皮紙でした。

牛の皮は、堅くなって丸めることが出来なかったからです。

だから、ギリシャでは、山羊(やぎ)の皮を使っていました。

がんばって翻訳するので、是非、四少年の大冒険を読んでください!

Ciao!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.